草タイプの弱点考察 炎編

唐突だが、草ポケモンが苦手にしているポケモン、タイプについて考えてみようと思った。

まず、草タイプの弱点をあげてみよう

、飛行、
草単の場合だが弱点は5つである。
ではこの5つの弱点を等倍または半減、無効で受けられる草ポケモン達は何体いるのだろうか。
今回は炎ポケモン編です。

ルンパッパ、ユレイドル

等倍ダメージで受けれる草はこの2匹のみである。
炎ポケモンを相手にする上でこの2匹は重要になります。


炎ポケモン

上にも書いているように受けれるのはルンパッパ、ユレイドルの2体のみ。
しかし、炎を受けれるといって安易に出すわけにも行きません。
ルンパッパの弱点は毒、飛行、虫。ユレイドルの弱点は格闘、虫、氷、鋼。

この中で毒、鋼技は考えなくて良さそうです。しかし他の技は注意をしたほうがいいです。

・飛行

リザードン
ファイヤー
タイプ一致のエアスラッシュがメインウエポン。アイテムも襷、スカーフ、パワフルハーブなど様々で戦術も読み辛い。
リザードンのサブウエポンには気合玉。物理なら燕返し。
ファイヤーにはパワフルハーブゴッドバード、とんぼ返りでの様子見もありうるので受けでもキツイ。
また、2匹とも目覚めるパワー氷を持っている可能性があり、ユレイドルでも安定して受け切れるとは言えません。

 

ギャロップ、ウインディ、ヒヒダルマ、バクフーン、ブーバーン、エンテイ、キュウコン、バオッキー、コータス、クイタラン、ブースター

ウインディ
両刀もありうえ、サブウエポンにインファイト、噛み砕く、地ならし、ワイルドボルト、神速を持ち
威嚇で耐久も高い屈指の強ポケモン。
採用率も高い人気ポケモンなので、ウインディは炎単で一番気をつけるべきポケモンと言えます。

ヒヒダルマ
攻撃種族値140から繰り出されるフレアドライブの威力に加え、スカーフを用いた蜻蛉返り、
サブウエポンに馬鹿力を持っている場合もあるので対面からでも相手はキツイ場合がほとんど。

ギャロップ
上2匹に比べ採用率は低いですが、催眠ドリル、メガホーンなどルンパッパ、ユレイドルにとって不利な技が多いため相手にするのはきつ過ぎます。
またほとんどの場合襷なので対面では無理に近い。

バクフーン
サブウエポンの気合玉、目覚めるパワー氷に注意するべき。
またバクフーンの代名詞スカーフを用いた噴火も注意。

ブーバーン
多彩なサブウエポンがあり格闘技にクロスチョップ、マッハパンチ、気合玉、電気技は10万ボルト、地面技の地震、地ならしなど実に豊富。採用率は高くないですが注意するべきポケモンの一体。

エンテイ
準伝説ポケモン。
フレアドライブ、神速など注意するべき技は多く素の耐久力もあるので要注意。

キュウコン
特性日照で炎技の威力アップのため辛い。
サブウエポンは神通力、怪しい光、電光石火、ソーラービームなど。
ルンパッパの水に威力を抑えられるのも辛いため戦略が必要。

バオッキー
シングルでも見かけないマイナーポケモンですがアクロバット、気合玉を覚えれることを覚えておきましょう。

コータス
耐久力が高いことを覚えておくこと。
サブウエポンにストーンエッジを据えたり、地割れでワンチャンゲー、殻を破ってきたりすることもある。
遅いからと言って侮ると痛い目をみるだろう。

クイタラン
不意討ちと気合玉を覚えるということを忘れないこと。
クイタランの最大炎技は大文字まで。オーバーヒートは覚えない。
ユレイドルなら受けきれる可能性はある。

ブースター
不遇と言われているブースター。
しかし、ニトロチャージで素早さをあげてきたり、馬鹿力をもっている可能性もあり侮ってはいけない。
あと電光石火は忘れないこと。

電気
ヒートロトム
スカーフトリックばかりに目が言ってしまいがちだが、炎ポケモンの中でも弱点を突くのが難しいポケモンの一体。
地面は浮遊で無効なので弱点水と岩のみ。ルンパッパで相手をしたいところだが、大半はボルトチェンジがあるため、狩るのは難しいだろう。


シャンデラ
特攻種族値145という値は伊達ではなく、耐久振りでもキツイ。
スカーフオーバーヒート打ち逃げや、サブウエポンにエナジーボール、サイコキネシスなどもにも注意。
また不一致弱点は耐久に振れば耐えられてしまうので注意。

・地面

バクーダ
遅い素早さだが、トリックルーム下では最速の噴火使い。
地震、ストーンエッジ、大爆発、大地の力、地割れそして欠伸に注意。
ルンパッパが一番相性がいい。

格闘
ゴウカザル
今作でもその強さは健在でひとえに技構成、アイテムとも読みづらい。
受けるならルンパッパだがすいすいなどで抜かない限り、ルンパッパでも優位とは言えない。
ユレイドルにはインファイトが飛んでくる可能性もあり受けるのはキツイ。
また、数は少なくなったがマッハパンチには注意。

バシャーモ
夢特性で加速を得て一気に強ポケモンの仲間入りを果たしたポケモン。
フレアドライブ、ブレイブバード、飛び膝蹴り、電光石火もあるので2匹でも交代出しは難しい。

エンブオー
遅いとはいえ火力は侮れず、アームハンマー、馬鹿力もあるのでユレイドルでは危険。
スカーフを巻いている可能性もあるので、選出は慎重に。


ヘルガー
タイプ一致の不意討ちや襷カウンターなどがあり侮ってはいけない。
特殊アタッカーで相手をするのが望ましい、が、悪の波動の怯みなどもあるため何らかのサポートは入れたい。


ヒードラン
弱点を一致でつけるのはドダイトスとルンパッパだが、ドダイトスに限らず地震持ちの場合風船を持たれると馬鹿力などを持ってない限り弱点をつけない。
草ポケモンにとっての天敵といっていいポケモン。
ヒードランはチーム全員で倒す勢いで行こう。


ウルガモス
草にとって危険なタイプを持つ蝶々もとい蛾。
特攻135族に加え蝶の舞からの虫のさざめきや大文字は恐怖にオノノク。
ウルガモスを受けきるのは難しいので、襷持ちや雨乞いハイドロポンプで対処しよう。
ウルガモスのために岩雪崩を入れるのもあり。

・岩
マグカルゴ
マイナーな上、弱いとよく言われるポケモン。
しかし、襷の可能性があり殻を破るかもしれません。
草ポケにはこの一撃すら致命傷になりうるので油断はしないこと。


総評
高火力・高耐久のポケモンが多く上の2体では受け切れません。


対策

エルフーンにのサポートや、雨乞いなどで少しでも優位に立つなどの戦術が必要。
あとはピンポイント気味にメタる必要があります。
ナットレイは選出しないほうが吉。
いくら耐久の優秀のナットレイでも炎の前では只の棘です。
特にウルガモスやリザードンなどに4倍を取れる岩技は持っておくべきです。
日照キュウコンに対しては葉緑素のメブキジカ、ダーテングなどで押していけるので選出しましょう。


特に注意するべきポケモン

ウインディ、ゴウカザル、ウルガモス、ヒードラン、シャンデラ、ヒートロトム、バシャーモ、ヒヒダルマ、日照キュウコン




こんな感じでいいのだろうか・・・w
[PR]

by Shanhai.Lunatic | 2011-07-14 02:18 | ポケモン考察
line

最近はポケモンBW対戦日記やポケモンの考察とかしてます


by Shanhai.Lunatic
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30